Archive for 12月, 2014

ある10年落ちの車が高く買い取られていた2つの理由

買取業者は、その実績をホームページで公開している事が多々あります。その実績の欄には、車に関する色々な詳細データが記載されていますね。年式や走行距離やメーカー名など、かなり多くのデータが明示されているのが特徴です。

ところで私はつい先日、ある買取業者が公式サイトで実績をアピールしているのを見かけました。その中の1つに、とても興味深いものがあったのです。

確かあれは、北国に店舗がある業者だったと思います。少々ワイルドな雰囲気が感じられる車だったのですが、売却金額はかなり高めでした。確か120万円を超えていた気がします。

ところでその車の場合は、ちょっと年式は微妙でした。確か10年落ちの車でしたね。かなり以前に販売されている車だけに、そのようなタイプは売却金額は厳しくなりがちです。にもかかわらず、その業者では高く買い取っていた訳ですね。

察するに、恐らくそれには2つの理由があったのでしょう。まず車の見た目ですが、決して悪くありませんでした。むしろとても格好良い車で、特に目立った傷なども見当たらないように感じました。もっとも私はその車を、実際に目で見た訳ではありません。あくまでも業者の掲載している画像でしか、それが判断できなかったのですが。しかし状態は決して悪くなさそうに見えました。

そしてもう1つの理由が、案外大きなポイントだったのかもしれません。その車のカラーですね。黒い色だったのです。
フィット買取

車の買取金額というのは、カラーに左右される一面もあります。特に白や黒の車などは、やはり高く売れる傾向があるのですが。上記の車の場合はまさに人気カラーだったので、買取業者としても高く評価したのでしょう。
このようにちょっと高年式の車でも、他の要素でカバーできる事がある訳ですね。色なども案外大きなポイントだと思いますので、それは査定士には強気にアピールしてみると良いと思います。

車の売却額に影響する落雷

私たちが持っている物品に対しては、雷が大きなポイントになる場合があります。もしも物品に対して落雷が発生すると、物の価値に対して大きな影響を与える事があるからです。その1つは車です。車に対して落雷が発生するような事は、基本的には滅多にありませんね。しかし可能性はゼロではありません。

ちなみに車と言う物品は、人間を雷から守ってくれる役割もありますね。雷が発生しても、車の中にいれば安全な事が多いのですが。しかし雷が落ちている以上は、やはり車に対してダメージは発生しているのです。そして、それは車の売却額にも大きく関わってくるのだそうです。

車の買取を行っている業者は、たまにオークションをアピールしている事がありますね。いわゆる買い取り業者専門のオークションです。

あのオートオークションでは、客観的な査定が行われる事になります。買い取り業者の査定士も査定を行いますが、オークションの会場にスタンバイしている方々も査定を行います。

N745_yousuwomirusarari-man500そして会場スタッフの査定の基準の1つは、過去の落雷だそうです。もしも車に対して以前に落雷が発生しているとなると、売却額は大きく下がる傾向があります。

それを聞くと、ちょっと落雷の過去は隠したくなりますね。しかし車買取では、過去の事故などは隠すべきありません。隠してしまったことがきっかけで、後にトラブルが発生ししまったという事例もよくあるからです。後になって損害賠償などの発生率の可能性もありますので、落雷が発生した時にはそれは正直に伝えるべきですね。

車買取のセオリーの1つは、事故歴を偽らない事です。偽ってしまいますと後でトラブルになってしまうからです。落雷もそれは同様という訳ですね。